Netflixで話題のドラマ版『新聞記者』がスゴすぎる

映画の部屋

Netflixはスゴい!
そう言わざるを得ない!
『新聞記者』が映画化された時もスゴいことだとおもったが、Netflixではそれをドラマ化した。
さらにその出演者もスゴい。
原作はもちろん東京新聞の望月衣塑子記者。菅義偉が官房長官の時に定例記者会見でひとりスルドイ質問で容赦なく切り込んでいった、あの侍のような記者である。数年前に映画化された時は主役の望月衣塑子役を受けてくれる女優がいなくて韓国の女優を起用したと聞いていた。当時は安倍政権下だったから相当の圧力があったのではないか。そして今回の主役はなんと米倉涼子。よく引き受けたものだ。これ自体もスゴイことだが他にも吉岡秀隆、寺島しのぶ、綾野剛、横浜流星などベテランから旬な新人までそうそうたるメンバーが揃っている。では内容は権力に忖度してかなりオブラートに包んでしまったかというとむしろ逆で、ドラマで時間が延びた分、より状況を詳細に描いている。冒頭の官房長官との定例記者会見の様子などは実際に行われたセリフがそのまま使われていた。

「それは総理がご判断されると思います」
「この会見はあなたの意見を述べる場ではありません」
などの望月記者に対する菅義偉のあしらいから、望月記者の質問妨害をしていた司会である報道室長の
「簡潔にお願いしまーす」
「結論をお願いしまーす」
などのセリフもそのまま使われていて笑いそうになった。

この問題は国有地の売却を巡り、当時の安倍総理が「私や妻が関与しているなら、私は総理大臣も議員もやめる」と国会で発言したことから悲劇が始まった。この発言により文書改ざんが始まるわけだが赤木さんが自殺に追い詰められていく様子も吉岡秀隆が熱演している。
権力の圧力を恐れずに出演した俳優陣全員に拍手を送りたい。この作品に関わったすべての製作陣も拍手だ。
監督の勇気もスゴいがこれを大々的に配信するNetflixもスゴい。
森友問題を絶対にうやむやに終わらせないという気迫が感じられる。
いっそのこと全世界に配信し、日本政府が何をやったのか白日の下にさらしてほしい。
監督は映画版と同じ藤井道人という人らしいが、おそらく相当の圧力、嫌がらせ、ネトウヨたちからのバッシングや脅迫もあっただろう。
少なくとも最低でも日本のあらゆる有権者は絶対に見るべきだ。
「森友問題ってよくわからない」という人はそれこそ絶対見るべきだ。
そして最も重要なことは、このドラマはフィクションではなく現在進行形であり、このスキャンダルはまだ終わっていないということだ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました