きくち寛ファンの集い?

音楽の部屋

「イチローに会える」と言われたら誰でもうれしいだろう。
野球少年がイチローに会うことができ、直接指導してもらえたらそれは夢のような話だろう。
それと同じことがこの時まさにおれに起きていたのだ。

ラジオで聴いて、録音テープを何度も聞き、コンサートホールのステージにいて、その雲の上のアーティストが自分の学校に来るのだ。
おれはさっそく学生課で集会室の予約を取った。
大学は新宿から小田急線で急行を乗り継いでもだいたい40分弱はかかる。さらに駅から学校までは緩い上り坂でゆうに20分はかかる。もっとかかるかもしれないがバスもない。
当時、おれは大学の近くのアパートに住んでいた。当日まず午前中にファンクラブの会長たちを駅に迎えに行った。そしてみんなで準備をし、午後、いよいよ本人を迎えにまた駅まで歩いて行った。
少し早めに行ったつもりだが、それでも本人はさらに早く到着していた。
改札を出たあたりでマーチン(ギター)のブルーケースを縦てそれをベンチ代わりに座っていた。


おれは完全に舞い上がったまま挨拶をし、
「今タクシー呼びますから」と言うと
「いや、歩いていきましょうよ」
と言うではないか。どんだけ遠いのか分かってない。
「結構歩きますよ。20分以上かかりますよ」
「大丈夫ですよ」
というわけでそのまま緩い上り坂を一緒に歩いて行った。

これもどういう経緯だったか覚えてないが、集会室はせいぜい20名とか詰め込んでも30名も入らない大きさなので、大々的な告知はしなかったのだと思う。当日集まったのは確か14,5名ほどだったか。
集会場に入るときくち寛はおもむろにギターケースを開け、ギターの弦を張り替え始めた。
「そうか、弦もマーチン製のを張ってるのか。おれも今度からマーチンにしよっ」
そして張り替え終わると、そのギターをおれに渡してきた。
これがあのまさに日仏会館で咆哮していたマーチン(ギター)だ!それが今、自分が持っている!
ちょっと弾かせてもらったが、完全に舞い上がっているおれにこの状況で冷静さがあるわけもなく、もう音がどうかなんて分からなかった。
そしておれは図々しくも「あの曲のイントロの部分はどういう(弦の)押さえ方をしていたんですか」「この曲の間奏のコード進行が分からない」など質問を連発していた。数少ないライブテープを日夜聞き、耳コピしていたがどうしてもわからない箇所がいくつもあった。
「人差し指でFを押さえて薬指でB♭を・・・で、次は」
そう来たか・・・「何弦の何フレット」と言ってもらわないと音楽理論ゼロのおれには分からない。

その後、参加者を囲んでの和気あいあい(?)のミニコンサートみたいのをやったが、相変わらず舞い上がってるおれはしつこくいろいろな質問をしていたのでファンたちの間でもおそらく浮いていただろうし、きくち寛本人にもウザがられてしまったと思う。ある意味必死だったので全く空気を読んでいなかった。
しかし強烈な願望を持ったおれの潜在意識はこの後もどんどん「引き寄せの法則」を発動していくのだった。
つづく⇒きくち寛 引き寄せの法則とYoutube

きくち寛ファンクラブ


コメント

タイトルとURLをコピーしました