長野の戸隠神社に龍はいるのか①~計画編

スピリチュアル

次なる目的地は長野。
おそらく県内最大のパワースポットと思われる戸隠神社だ。
もちろん目的は「龍」を見るためだ。
ただここにきて、神社参拝や龍パワーに少し懐疑的になってきていたので、前回の京都・奈良以上に腰が重くなっている。
しかし行くなら行くでそろそろホテルとか高速バスとか予約しなければならない。

でもなぁ・・・あの席替えな無いよなぁ・・・
それまで順調に龍に対するご利益を信じかけていたものが、例の席替えによって「神も仏も龍もいないのか!」とおれの信念は一気に崩れようとしていた。
「いや、これには何か大きな意図があるのだろう」
という解釈も、所詮今の環境を自分で納得するための方便にしか聞こえない。
「やっぱり龍なんかいるわけないし、神社に行ったからって何がどうなるわけでもないんじゃないか」
いや、そんなに即効性を求める方がそもそも間違っているのだろうか。
どこかに臨界点があって、それに達した時に一気に何かが起こるのだろうか。

そんな堂々巡りをしながらいつまでたってもホテルやバスの予約をしないまま時が過ぎて行った。
そうだ、長野なら車で行こうか。
実は前職の両国にある会社で、おれは長野県担当で、3か月に1度、長野へ出張に行っていたのだ。
大抵2泊3日で、小諸あたりから入り軽井沢、松本、長野、諏訪、穂高、伊奈、駒ケ根とほぼ全域を回っていた。
なので個人的に長野というのはとても好きな場所でもあった。
その頃は中央道で山梨県の須玉インターで降り、山を越えて小諸に入って行くのがいつものルートだった。インターを降りるとそこは明らかに空気が違う。まさに「澄んだ空気」なのだ。だからいつも高速を降りたら窓を全開にしていた。

当時は八王子に住んでいたので中央道に乗るのもすぐだったが、埼玉から行くとなるとどうすればいいのだろう。最近の高速道路事情も全然分かってない。調べると、どうやら関越自動車道で藤岡ジャンクションまで行き、そこから上信越自動車道というのに入って行けばいいようだ。しかし地図を見てるとなんか果てしなく遠く感じる。
どちらにしても宿泊のホテルだけは確保しておかなければならない。
出発は7月15日。この日に有休を取り、今度こそ龍を見てみたい。

つづく


コメント

タイトルとURLをコピーしました