庵野秀明は『シン・ガメラ』を作るのか

映画の部屋

最近めっきりTVを観なくなったのでYoutubeで参院選挙の情報を観ていた。
時々関連動画の中に先日観た『シン・ウルトラマン』のプロモーション動画が混じっていた。次々と関連動画を見ていくと当然『シン・ゴジラ』も出てきてさらに『平成ガメラ3部作』もいくつか出てきた。そうだ、どうせなら庵野秀明には『シン・仮面ライダー』よりも『シン・ガメラ』を作ってほしかったな。でも映画会社のテリトリーとか版権とかいろいろハードルがあるのだろう。

と思っていたら、その中にスゴイ情報を見つけた。
2016年 『シン・ゴジラ』公開
2021年 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開
2022年 『シン・ウルトラマン』公開
2023年 『シン・仮面ライダー』公開
そして
2025年 『シン・ガメラ』公開
されるかも知れないというのだ。
もちろん製作は庵野秀明(でなければ意味が無い)。
この話、本当だったらスゴイことだ。2025年までは絶対に死ねない。

とはいうものの、これは別に制作発表されたわけではなく、あくまでも可能性の話らしいが、
平成ガメラ3部作の最後の『ガメラ3-邪神<イリス>覚醒』のメイキングビデオがあり、この制作はなんと庵野秀明だったというのだ。なんだもうすでに絡んでいたのか。

自分も知らなかったがこのメイキングビデオは『GAMERA 1999』というタイトルで2時間くらいの作品らしいく、総監督は庵野秀明。本人自身もガメラに対してはものすごく思い入れがあるというのだ。このYoutubeで解説してる人によると、「庵野秀明がシン・ガメラを作ることは十分ありうる」という。
もし『シン・ガメラ』が作られたら、一体どんなストーリーになるのだろう。
まずは制作発表をしてほしい。それだけで日本は間違いなく明るくなる。


コメント

タイトルとURLをコピーしました