エッセイ

スポンサーリンク
隣人トラブル

第四話 このままでは終われない

「今日中に電話します」 と市役所の人は言っていたが、なかなか電話はかかってこなかった。5時近くなったので、こっちから電話してみた。「●●はまだ訪問からまだ帰ってきておりません」 おおそうか、まだ調査中か・・・。でも市役所なんて5時過ぎたらたちまち終わっちゃうんじゃないだろうか。
隣人トラブル

第三話 緊急避難 

突然の隣人の襲撃から一夜明けた月曜日、妻はついに一睡もできなかったようだ。おれはまず市役所に行った。受付の案内板を見ると、確かに「高齢介護課」という部署があった。そこに行って事情を説明すると、奥から別の人が出てきた。「犯人」の簡単なデータをプリントしていた。
隣人トラブル

第二話 戦いはこれからだ

一夜明けて、今日一日会社を休みいろいろ動いて新たな話も聞いた。そして新たな事実が浮かび上がって来た。許せん!おれは今、静かにしかし熱く、今後の対策を練っている。今日の夜10時半に法律と国家権力に精通している高校時代の友人Hと作戦会議だ。
隣人トラブル

第一話 隣人トラブル勃発! 

ドアを開けると回覧板ではなく、そこには裏の家に一人住まいをしているS老人(と言っても70歳前後か?)が妙な表情をして立っていた。この人に回覧板をまわしに行くことはあっても、向こうから来ることは初めてだった。回覧板を回しに行くと、いつもうちの子供におせんべなどをくれたものだった。
エッセイ

男尊女卑

「あなたは基本的に男尊女卑ですよね」突然会社で前に座っている女がおれに言った。おれは我が耳を疑った。「男尊女卑?誰が?」こいつは何を言い出すんだ。勘違いもはなはだしい。私ほど女性を尊重する男性は珍しいんじゃないかとさえ思う。そうか、こいつは「男尊女卑」の意味をよく分ってないんだろう・・・。
エッセイ

大画面テレビ…後編

いつでもやってるだろうとたかをくくっていたタイムセールが終わってしまい、仕方ないのでそのままヤマダ電機を後にした。そして夜7時半頃、仕事が終わり、ダメモトで再びヤマダ電機に行ってみた。「昨日のタイムセールと同じ条件で」と交渉するつもり...
エッセイ

大画面テレビ…前編

今年の年末の買い物として、我が家には「大画面液晶テレビ」と「ウインドウズ7パソコン」が最重要懸案事項として挙げられていた。自分的にはテレビは別に今年中でなくてもいつでも良かった。正直言って今のブラウン管テレビが壊れてからでも良かった。...
エッセイ

子熊と戦った男

東京・奥多摩で登山家がクマに襲われ大怪我をしたそうだ。八王子出身のおれは、奥多摩にはツキノワグマがいる、ということは昔から聞いていた。仕事でもよく奥多摩には行ったが、さすがに車道には出てこなかったので実際に見たことは無かった。 ツキノワグマ。のどもとが白くて、穏やかな顔を想像しないだろうか。しかし実際はそんな絵本のような話ではない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました