これが噂の「ヤカンはまぐり塩ラーメン」

グルメの部屋

少し前からずっと気になってた店がある。「神田 焼きはまぐりSTAND」。
東京・神田の職場のすぐ近くにある店で、ランチ時はいつも店内をチラ見しながら通り過ぎていた。
その店は、本当は飲み屋なんだろうけどランチは「はまぐりラーメン」なのだ。
この炎天下にラーメン?冷房全開の店でならまだわかるが、今はコロナ禍なので店のドアを全開している。
そんなところで気温40℃に迫ろうとしてる日中に熱いラーメンはないだろう。
そんなわけでずっと敬遠してきたのだ。
今日もいつものようにチラ見したら、客も少なく奥の方が空いていた。ドアは前回だが奥の席ならエアコンが効いてるのではないだろうかと思い、意を決して今日はついに入店した。
別にはまぐりが大好きというわけではなく、外の看板にも出ていたメニューの一つ、「ヤカンはまぐり塩ラーメン」というのがずっと気になっていたのだ。ヤカンの中にはまぐりとスープが入っていて、それをまず麵にかける。そのあとはまぐりを取り出して面の上に乗せていく、らしい。どんな感じなんだろう。

テーブルの上に食べ方の説明

店の中は予想通り、奥の席はけっこう冷房も効いていて、これなら熱いラーメンでも行けるだろうと感じた。もともと狭い店内だが、客は3名ほどだった。注文はもちろん「ヤカンはまぐり塩ラーメン」だ。
待つこと10分。いや、そんなに待たなかったかな。「おまちどうさま!」まさにヤカンとラーメンが出てきた。

ヤカンが相当熱い

テーブルの上には食べ方が書かれたプレートがあった。
「まずはスープを入れてそのまま味わう」
指示通りのスープをかけた。ヤカンの中にはハマグリが入っていたので、スープというより「だし汁」という感じである。はまぐりのだし汁、美味しくないわけがない。

ヤカンの中にはまぐり7個

さらに言えば、だし汁なら全部飲んでもOKか。年中ダイエットに励んでいるダイエッターにとってはラーメンのスープは1/3までという鉄則があるが、これなら心おきなく全部飲んでもいいのではないか。
さらに指示通りにヤカンの中にあったはまぐりを取り出す。なんと7個も入っていた。それからチャーシューのかけらも少し入っていた。それらをラーメンの上に乗せていくとビジュアル的にも結構迫力のあるものになった。


ハマグリの身もすぐに貝殻から外れてくれるので意外に食べやすい。総合的に味はスゴかったのかと聞かれればまあそれなり、といったところだがこれは間違いなくアイデア賞ものだ。スープはもちろん全部飲んだ。

完食!


再戦!今度は白味噌はまぐりラーメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました