映画の部屋

映画の部屋

UFO信者も否定派も観るべき作品『ファースト・コンタクト』

UFO信者も否定派も観るべき作品『ファースト・コンタクト』
映画の部屋

人間 VS 人工知能 敵か味方か美女AIロボット『エクス・マキナ』

人間 VS 人工知能 敵か味方か美女AIロボット『エクス・マキナ』
映画の部屋

ドアの向こうは5年前だった?『ザ・ドア 交差する世界』

昔からある概念で「パラレルワールド」というものがある。今、自分たちがいる世界と同時に存在している平行世界だ。スピリチュアルの世界では当たり前のように語られているが、誰も見たこともないし体験したこともない世界なので、あくまでもSFの世界の話、と今は認識しておいた方がいいだろう。
映画の部屋

人工知能が感情を持つ日 『her/世界でひとつの彼女』

予告編につられて見てしまった。『her/世界でひとつの彼女』。アカデミー賞脚本賞も受賞しているらしい。妻と別居して離婚寸前の孤独な男が、新発売の人工知能のOSシステムに恋してしまうといういかにもありそうな話だ。主人公がまるでのび太がそのまま大人になったような男で、
映画の部屋

『ショーシャンクの空に』のラストシーンはそんなにスゴいのか

『ショーシャンクの空に』のラストシーンはそんなにスゴいのか
スピリチュアル

『ヒア アフター』あとからジワジワ来るよ

『ヒア アフター』あとからジワジワ来るよ
スピリチュアル

これがバシャールの次元上昇か!『レフト・ビハインド』

『レフト・ビハインド』(2014年)を見た。世界的ベストセラーの小説を実写化したそうだが映画サイトの評価はどれも低かった。一応ニコラス・ケイジの主演作だが、なぜか「サスペンスホラー」とか「パニック映画」などと紹介されていた。私は基本的にSFが好きなのだが「突然数百万人が消えた」
映画の部屋

このロシア映画がスゴい!『アトラクション 制圧』

何か面白いSF映画はないかと無料映画サイトを探していたらGYAO!で『アトラクション 制圧』という映画が配信されていた。サムネイルには巨大UFOが都心のビルに突っ込んでいる場面が印象的だった。そしてなんとこの映画はロシア製だという。ロシアの特撮映画なんて聞いたことがない。
映画の部屋

スーパースターの苦悩『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

テレワークの一つのメリットに、通勤時間がないということがあげられる。これは多少夜更かししても、翌朝9時までに机の前に座っていればいい、という余裕を生む。それをいいことにAmazonプライムビデオやGYAOとかHuluとかの無料映画を観まくっていた
映画の部屋

『アウトブレイク』『コンテイジョン』2本立て

これももう何年も前に見たがストーリーを全く覚えていなかった『アウトブレイク』(1995年)と、リアル感が評判だった『コンテイジョン』(2011年)だ。『コンテイジョン』は全体的に雰囲気も結末までの流れも『感染列島』に似ていて、アメリカ映画にしては結構重たかった。感染拡大の恐怖と同時に民衆のモラル崩壊も描いていた。
映画の部屋

他人事ではない!『復活の日』と『感染列島』のリアリティ

こんな時だから一応知っておこうかと、1980年に公開された角川映画『復活の日』と2009年に公開された『感染列島』を立て続けに観てみた。『復活の日』は以前にも見ていたがストーリーを全く覚えていなかった。ただ、ラストシーンで草刈正雄とオリビア・ハッセーが再会するシーンだけは何となく覚えていたが、
映画の部屋

見事にすべった『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』

何年か前に上映されて個人的に大絶賛した『アイアン・スカイ』。その続編ができると聞いてずっと楽しみにしていたのに一向に公開される気配がなかった。しかしYoutubeでは予告編とかずいぶん出ているからとっくに完成しているはずで、字幕まで入っていたから日本公開が無いなんていうことはないだ
タイトルとURLをコピーしました