グルメの部屋

グルメの部屋グルメの部屋
グルメの部屋

スーパーフードと牛丼のコラボ「シーザーレタス丼」が意外に美味しかった

シーザーレタスにケール、アーモンド、クルミ、それらにエクストラヴァージンオリーブオイルかけたという。ついこの間、誰かのyoutubeで「ケールはアンチエイジングの食材で最強」というのを聞いたばかりだった。しかしケールと言えば青汁だ。あのマズさはハンパではない。
グルメの部屋

コスパ最強の手作りサンドイッチ

サンドイッチにフルーツを挟んだいわゆる「フルーツサンド」を最初に考えた奴はエラいと思う。ダイエットのキャリアもそろそろベテランの域に近づいてるおれにとって、フルーツサンドなんて本来最も避けなければならない部類だろうが、
グルメの部屋

他では絶対味わえない別次元ラーメン

JR神田駅と秋葉原駅の中間あたりのガード下に一軒のラーメン屋があり、いつも数人が並んでいる。イタリアンシェフが作るこのラーメンはちょっと他では味わえない。
グルメの部屋

老化が嫌なら肉を食べるな食事も減らせ

「そもそも人は食べすぎである」「食事を減らしても問題ない。なぜならあなたはすでに太っている」「空腹こそが若返り細胞を活性化させる」中田敦彦のYoutube大学とサラため動画の結論だ。それは大いに説得力があった。さらに「ヴィーガン編」では肉食について再度大いに考えさせられた。
グルメの部屋

650円でステーキが食べられる店

「ランチにいくら出すか」というのをいつも思うのだが、私の会社の周りでは、ランチタイムの飲食店の相場は大体700~850円くらい。しかし実は500円~650円という価格帯の店も結構あって、自分としてはなるべくこの価格帯を維持している店に行くようにしている。しかしいつも不思議に思うのが、
グルメの部屋

浅草で本格ラーメン400円の奇跡

浅草の仲見世通りを抜け、つくばエクスプレスの駅に向かって歩いて行ったところに小さなカウンターだけのラーメン屋がある。「肉厚わんたん麺と手作り焼売 ら麺亭」という店で、 ドン・キホーテのすぐ近くで、立地的にはなかなか便利なところだが、食べログだと3.59の評価だ。いや、問題はその評価以上に「値段」にある。
グルメの部屋

食べログ「百名店」の実力

ちょっと前にテレビ東京の『孤独のグルメ』を見て以来、毎週末に「何かおいしいものを食べたい」とひそかに食べ歩くようになった。会社からそんなに遠くないところで、しかし山手線内なら許容範囲としてテリトリーにした。しかししょっちゅうグルメ番組を見ているわけでもなく、いちいち雑誌でチェックしてるわけでもない。
グルメの部屋

炭酸水メーカーは本当にお買い得か

半年くらい前からずっと気になってたモノをついに買ってしまった。家庭用炭酸水メーカー『ソーダストリーム』。以前から炭酸水のペットボトルを買い続けていたがコスパが悪いのはもちろん、毎回のペットボトルがどうにかならないかとずっと後ろめたい気分だった。
グルメの部屋

進化系まぐろ丼『あわ雪まぐろ丼』

東京・神田駅のガード下にカウンターのみの「マグロ」専門の店がある。店名を「まぐろ丼や恵み2号店」というのが、2号店というからには当然他にも店舗があるのだろう。定食の平均価格帯が660円と庶民価格で、ここのマグロの唐揚げがおいしいのでたまに利用していた。今日のランチはどこにしようかとさまよっていたところ、そこの店の外に「新商品」として新たなメニューがでっかく出ていた。
グルメの部屋

最強のチャーハン

庶民向けの中華料理の中でも製作に一番難しいのは「チャーハン」ではないかと思っている。よくテレビ番組なんかでどこかの有名中華店の巨匠の料理人が作るチャーハンが紹介され、レポーターが「こんなにご飯がパラパラです!」なんて絶賛していたりするが、加えて言うなら本当においしい
グルメの部屋

今度は白味噌はまぐりラーメンだ!

「焼きはまぐりSTAND 神田店」で再びはまぐりラーメンだ。前回は「ヤカンはまぐりラーメン」というアイデアものを食べたが、元々はこの店の「はまぐり白味噌ラーメン」と食べてみたかったのだ。年間を通じてダイエット中の私はそんなにたて続けにラーメンを食べるなどという無謀な行為はしないのだが、
グルメの部屋

これが噂の「ヤカンはまぐり塩ラーメン」

少し前からずっと気になってた店がある。「神田 焼きはまぐりSTAND」。東京・神田の職場のすぐ近くにある店で、ランチ時はいつも店内をチラ見しながら通り過ぎていた。その店は、本当は飲み屋なんだろうけどランチは「はまぐりラーメン」なのだ。この...
タイトルとURLをコピーしました