エッセイ

スピリチュアル

聖地巡礼の旅 第三部

朝と夕方にダルシャンという、いわゆる礼拝があり、そこにサイババは登場するのだ。到着日の夕方の記憶がないのでこの日はダルシャンがなかったのかもしれない。そして翌日からおれたちの「神との遭遇」が始まるのだった。
スピリチュアル

聖地巡礼の旅 第二部

そして翌朝、いよいよサイババのいるアシュラム(修練場というか合宿所みたいなもの)に行くのだ。これは2カ所あり、本店は「プッタパルティ」というところにあり相当大きな施設らしいが、今回我々が行くのは南インドの「ホワイトフィールズ」と呼ばれる場所で、
スピリチュアル

聖地巡礼の旅 第一部

サイババは神の化身だという。この本を読む前に週刊誌か何かでサイババの写真を見たときは正直ドン引きだった。まるでデビュー当時の井上陽水のようなアフロヘアでオレンジのローブ(ワンピース)。ビジュアル的にもこの人が神の化身だといわれても「勝手に決めるな」と反発したくなる。
グルメの部屋

これが噂の「ヤカンはまぐり塩ラーメン」

少し前からずっと気になってた店がある。「神田 焼きはまぐりSTAND」。東京・神田の職場のすぐ近くにある店で、ランチ時はいつも店内をチラ見しながら通り過ぎていた。その店は、本当は飲み屋なんだろうけどランチは「はまぐりラーメン」なのだ。この...
スピリチュアル

それでいいのかアセンション

最近のスピ業界がむごいことになっている。Youtuberたちの間ではもはやアセンション祭りと言っていいほどの騒ぎだ。ここ数週間で急激に「私も情報を皆様にシェアします」という“なんちゃってYoutuber”が雨後の筍のように続出し、しかも内容は
スピリチュアル

火星の真実

ここに1本のビデオテープがある。「第3の選択」。ビデオテープと言われても、もうビデオデッキなんかとっくに無くなっているので今更再生はできないが、親切な人が30分くらいの縮小版ではあるがYouyubeにもアップしてくれている。このビデオ自体はもう30年位前に会社の
スピリチュアル

いつの間に「ライオンズゲート」?

なんかスピリチュアル業界が騒がしい。どうやら次元上昇に向けたゲートの話らしい。昨年末のテレビ番組「やりすぎ都市伝説」でバシャールとチャネリングするダリル・ハンナを見てからちょっと興味を持ち、特に3月以降は頻繁にYoutubeもチェックしていて、関連動画は片っ端から眺めていた。
スピリチュアル

『ヒア アフター』あとからジワジワ来るよ

『ヒア アフター』あとからジワジワ来るよ
スピリチュアル

これがバシャールの次元上昇か!『レフト・ビハインド』

『レフト・ビハインド』(2014年)を見た。世界的ベストセラーの小説を実写化したそうだが映画サイトの評価はどれも低かった。一応ニコラス・ケイジの主演作だが、なぜか「サスペンスホラー」とか「パニック映画」などと紹介されていた。私は基本的にSFが好きなのだが「突然数百万人が消えた」
スピリチュアル

「覚醒」の向こうに待っているもの

「覚醒とは何か」バシャールの一件以来ここ2か月ほど改めて考えていた。この手の関係の本を読み返し、Youtubeでは「覚醒」「アセンション」などをキーワードに片っ端から見続け、中には「いくらなんでもそれはないだろ」という怪しげなものまで我慢してとりあえず観てみた。
映画の部屋

スーパースターの苦悩『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

テレワークの一つのメリットに、通勤時間がないということがあげられる。これは多少夜更かししても、翌朝9時までに机の前に座っていればいい、という余裕を生む。それをいいことにAmazonプライムビデオやGYAOとかHuluとかの無料映画を観まくっていた
スピリチュアル

バシャールって何だ?・・・続き

「コロナ終息後、世界は覚醒したものと眠りにつくもの(覚醒しない人)と物理的に分断される」byバシャール」。バシャールとそのコンタクティでもあるダリル・ハンナの映画があるそうだ。異星人なのになぜか支持層の厚いバシャール。彼(?)のいう「覚醒」とは何だ?この手の
タイトルとURLをコピーしました